竜ヶ尾山・霧の雲海

霧の都・亀岡を存分に楽しめるとっておきの場所。

霧中の学校

霧のすきまから見える、
この建物は京都学園大学。
学園祭の号になっています。
龍尾祭。(竜ではない)

パラグライダー

なぜこんなところに
こんな足場があるのか。
実は、ここは
パラグライダーの出発場所です。
やってみたい。

海

まさに海。
亀岡は盆地なので、
お昼ごろにやっと晴れます。

感じた空気

 晩秋から早春にかけて、亀岡では有名な丹波霧が発生します。いまいち、霧が出る条件を理解しきれていない。早い時で夜の10時ぐらいから出だします。車にフォグランプがないので、明るくなってから登りました。山頂にいくまでに霧の境界あたりで見れた光芒がすごかった。見入ったのと、まぶしすぎてもう少しでぶつかるところだった(汗)
 山頂に着くと、すぐそこに雲海が広がっているのが車から見えた。霧の都っていうのがよく理解できた。濃いときはな〜んも見えなくて。
 新市長が雲海テラスとやらを作ると言っていたそうですごくわくわくしてる。どこにできるのかな?空撮ラジコンヘリを飛ばしたい。

マップ

標高 412m

京都縦貫道 亀岡ICから15分

ページのトップに戻る